求人サイトを利用するメリット

インターネットを利用した求職の基本をまとめたベーシックな情報サイト

無料求人サイトと有料求人サイトの違い

この記事をシェアする

求人サイトの基本的な構造

インターネット・インフラが整ったことで、スマートフォンやパソコンを介したインターネット利用が身近になった現代において、就職や転職を目的とした求人を探す上でインターネット利用は欠かせませんし、無料求人サイトの利用も広く一般的に知られるものとなりました。

では、どのようなスタイルの求人サイトがあるかというと、検索型・総合型・特化型・マッチング型の四つが主流で、検索型は不特定多数のサイトから求人情報を収集し、利用者が一括検索できる構造であり、総合型は業種・職種を問わず広く多数の求人情報を取り扱い、特化型は業種や職種を限定した専門分野に特化した求人の扱いを得意としています。

マッチング型は毛色が異なり、事前登録した利用者の情報から企業のスカウトを待つという独自のスタイルを持つのが特色です。

主に求人サイトが利益を上げる方法

バイトから正社員まで、様々な求人が無料で探せる求人サイトですが、この「無料」という部分に引っ掛かりを覚える方は少なからずおられるようで、登録情報の売買等の形で利益を上げているのではないかとの疑いから利用を躊躇されることも珍しくはありません。

これは当然の疑問ですが、求人サイトは決してボランティア精神で運営されるものではなく、あくまで営利目的での運営です。

具体的には広告料と企業からの掲載手数料及び成果報酬が主な収入源で、広告料は求人サイト内に掲載される各種ネット広告の掲載料金、掲載手数料であれば求人を求人サイトに掲載するに当たっての手数料といった体を取り、いずれも前払いですが、成果報酬は採用に至った場合のみ企業に料金が請求される後払い形式を取っている点において、前払い型の広告料・掲載手数料との違いが見受けられます。