求人サイトを利用するメリット

インターネットを利用した求職の基本をまとめたベーシックな情報サイト

求人サイトのデメリットとアナログな求職

この記事をシェアする

求人サイト利用で生じるデメリット

優れた利便性と欠点の不明確さから、一見すると求人サイトの利用にはデメリットらしいデメリットは無いかのように見えてしまいますが、実のところ求人サイト利用にもデメリットを伴います。

まず、求人サイトの利用にはインターネット環境が不可欠な点で、パソコンは愚かスマートフォンすらない、もしくは利用できないような環境・経済下にあっては、完全に無力です。

加えて、求人サイトの選択に失敗して悪徳求人サイトに情報登録してしまうと、登録した個人情報を悪用されるリスクを免れません。

最後に求人サイト内では取得できる求人情報に限りがあるという点や面接対策情報の提供が得られない点もデメリットと言えばデメリットですが、これらはインターネットで検索するなり、ビジネス書を読むなりといった対処が可能な範疇に収まる程度のデメリットに留まるでしょう。

ネットが苦手ならハローワークや求人誌

何事にも得手不得手があるように、デジタル的な技術体系を持つインターネットに対して拭い難い苦手意識を抱いている方にとって、インターネットを介した求人サイトの利用は適しているとは言えず、素直にアナログな手法を取るのが最良でしょう。

よって、求人サイトに依らない昔ながらの求人方法がベターであり、求人誌やハローワークの利用が最も堅実で現実的な手段となりますが、デジタルへの苦手意識がある方であっても、ハローワーク主催の求人検索サイトを利用する程度の妥協が可能であれば、求人探しにおける手間はかなり省ける為、可能な範囲内でのデジタル利用は試みる価値があります。

とはいえ、アナログな求人も規模の縮小に伴う切磋琢磨に伴いある程度の資本と信用を担保できる企業による発行が大半となっているので、有料求人情報誌には一定の信頼をおけるという点は強みです。